浅瀬と自動手術の夢

精神薬を飲んでいたときに見た夢をご紹介。(すべての薬の断薬に成功したので現在は何も飲んでいない。) イギリス風の豪邸でお泊り体験会(?)をしている。 庭には黒人の死体がよこたわっている。 その先には海があり、浅い岸辺が広がっている。 ↑イメージ。 (海のはずなのに、なぜか河原みたいな浅瀬だった) 浅瀬にはバラバラになったネックレスのパーツや壊れた鏡が沈んで落ちている。…

続きを読む

大江戸骨董市に行ってきた

たまにアクティブになるニート…。 古いもの(←高尚なものではなくガラクタや雑貨)が好きなので、雑多な雰囲気のアンティークマーケットみたいなのが大好きなんですよね。 大江戸骨董市(←代々木と東京国際フォーラムで定期的にやってる)には何年も前から興味があった。 行こう行こうと思っていたけれど「来月行こう…」「来月こそ…」「今度行こう…」「いつか行こう…」と先伸ばしになり、全然行けてなか…

続きを読む

安楽死という社会保障が必要なのでは

(↑昔ネットで拾った画像。どこかの工場の内部写真らしい。なんだかあの世への扉みたいでなぜか気に入っている…。) 安楽死施設ができたらどのくらいの人が殺到するのだろうか?と想像することがある。 一種の思考実験というかなんというか…妄想である。 ある日、日本で安楽死が合法化されるとする。 日本で各都道府県に一か所ずつくらい安楽死施設が設置され、誰でも利用可能ということにしておく。 …

続きを読む

パラレルワールドを統合しようとする夢

精神薬を飲んでいたときに見た夢をご紹介。 (すべての薬の断薬に成功したので現在は飲んでいない) 友人と一緒に歩いて家へ帰ろうとするが、なかなか着かない。 東京ドームのような大きな建物があり、その横にビルがある。 そのビルは有名なファッションデザイナーのビルらしい。 中に入ると、パステルカラーのドアがたくさんあってとても素敵な雰囲気。 ↑イメージ。 友人と私はそのドアの中…

続きを読む

サービス過多で柔軟性の無い日本

『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』というエッセイ漫画が図書館にあった。 本来なら「幸せ家族うふふ♪」みたいな世界観が描かれているエッセイなどはキライなのだが、この本は淡々とドイツでの暮らしを描いてるだけっぽかったので、借りてみた。 それに……なんというか…私は本当に日本人男性にはモテないけれど、外国人男性からは少しだけモテた(?)ことがあるので、外国人男性の彼氏や夫を持つ日本人女性の暮…

続きを読む