教師は何様のつもりだ

福井中二男子自殺.jpg
先日、中学2年の男子が担任と副担任に叱責され続けたことが原因で飛び降り自殺した…というニュースを見た。

私は「教師」という存在が大キライだ。

特に中学高校の教師ってのは最悪だと思う。もちろんイイ人や普通の人もいるけれど、かなり糞人間率が高いと私は思っている。

小学校や大学の教師(教授・講師)はだいぶマシである。

小学校や大学の先生はマシなのに中学高校の先生はなぜダメなのか…それはつまり、中学高校ってのは「監獄」に近い構成になっているからだ。

es映画.jpg
エス」という映画がある。

この映画は1971年にアメリカのスタンフォード大学で実際に行われたスタンフォード監獄実験を元にしたマリオ・ジョルダーノの小説『Black Box』を原作としている。

スタンフォード監獄実験とは、1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、
心理学者フィリップ・ジンバルドーの指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、
その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとして行われた実験である。
模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。(6日間で実験中止になった)

結果は、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるということが証明された。

強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまうことがわかった。

しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。

(上記記述はすべてWikipediaを参考)

この監獄実験は、経過がすさまじくて……まぁ詳細はWikipedia~スタンフォード監獄実験~を読めばわかるけれど、
結局、人間ってのはそういった閉塞的な環境で「支配・服従」の役割を与えられると、元々の人格や性格と関係なくそうなってしまう傾向があるんだと思う。

OLしてたころ、同僚の一人が元塾講師で、講師時代のことを語ってくれたことがある。
「生徒に○○してやった」とか「生徒の○○を没収してやった」とか楽しそうに語りはじめた。

私を含めたその場にいた全員が「いやそれはちょっと生徒が可哀想だわ」と言うと「えっそうかな…?」と驚いた表情をしていた。
つまり、しがない塾の講師ごときでも年下の生徒から「先生、先生」と毎日敬語で呼ばれているうちに「自分は支配する側」と勘違いしてしまったんだろう。

たかだか塾ですらこの有り様なんだから、学校ならなおさらだ。
新任の先生が、最初は優しくてフレンドリーだったのに、徐々に支配的になってゆく姿も見たことがある。

日本の中学高校(特に中学が一番酷いかな)はやはり監獄なのだ。
もちろん、生徒を甘やかすだけじゃダメなのはわかるし、このご時世じゃ先生は先生で色々大変なのはわかる。

でもやはり監獄はダメだ。

監獄化された刑務所みたいな学校なんてなくなれ。

中学2年男子自殺の報道を見て改めて本気でそう思ってしまった。

そういや最近「ブラック新人研修」で追い詰められて自殺した男性のニュースもあったな。

人格否定の「ブラック新人研修」とは 自殺で労災認定も
http://www.asahi.com/articles/ASKBB544MKBBULFA02M.html

この国はこの軍隊式縦割りシステムをどうにかしろよ…ほんとに…。

↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • りょう


    親も、子供から「パパ」「ママ」と呼ばれることで、徐々に「父親」「母親」としての自覚が芽生えていくと聞いた事があります。

    人からの呼ばれ方って、その人の印象に影響力があったり、周りとの関係性を表していたりすると思います。

    先生と呼ばれ続ければ、天狗になってしまうのも仕方がないのかもしれないです。

    せめて思いやりのある天狗になってほしいものですね。
    2017年10月26日 20:09
  • シスイ

    りょう様>
    人ってけっこう周囲からの影響を受けて人格が形作られる場合がありますよね。

    毎日「先生、先生」と敬語で呼ばれて「先生の言うことは聞かないといけない」みたいな雰囲気があると、教師は天狗になりがちです。

    私の経験上思いやりのある天狗はあんまりいませんでしたね。
    自分的には「教師業をビジネスと割りきってるちょっと冷めた先生」が一番心地よかったですね。

    変な方向に傾いてる熱血教師は天狗になりがちです。
    2017年10月26日 23:22
  • みみかん


    私 教員免許持ってまして。

    もし先生になってたら…どうなってたんだろう( ´△`)
    まあ糞人間でしょう笑
    今も先生ではないのに糞人間ですから。

    教育実習初日に母校の当時の担任にヒソヒソ声で( ゚д゚)(゚д゚ )
    本気で先生になるの?って言われて
    ないです。って答えたら
    正解!と返ってきました(°Д°)

    教育実習の思い出はこれくらいですね笑







    2017年10月26日 23:39
  • チョメ

    コメントお邪魔します。
    同じく教師が嫌いです。個人的なことですが、
    自分の姉が、今日、外国語教師の就職に決まりました。
    姉の、プライドが高く、高慢で、常に上下関係をつくる性格は教師にぴったりです(皮肉)
    スタンフォード監獄実験に関しては、心理学の本で読んだことがあるのですが、映画にもなっているのですね。
    他者の監視と狭い空間(監獄)によって、善人にも悪人にも変わる人間の本質に気づく恐ろしい事実だと当時思いました。

    シスイさんの世間に物申す記事は、面白いし、同意することがたくさんあるので、もっと書いてほしいなと思いました。
    若い人らも生きづらい世の中ですしね…
    2017年10月27日 20:21
  • シスイ

    みみかん様>
    教師になるつもりなくても教員免許取る人ってけっこういますよね。

    私も大学時代に周囲から「教員免許取ってみたら? 」と勧められたことがありますが、
    教師になるなんてまっぴらだし教育実習すら興味がなかったしやりたくないので断りましたね。
    2017年10月27日 21:13
  • シスイ

    チョメ様>
    コメントありがとうございます。

    お姉さん、そうなんですね……本来「軍隊式縦割り社会システム」は一部の男性社会でのみ機能していたはずなのに、
    それが老若男女全体に浸透してしまっている現代社会は本当に問題だと思います。

    「上下関係」「支配ー被支配」の関係を良しとする心理的支配から人間はさっさと逃れないといけないなと感じます。

    スタンフォード監獄実験は本当に怖いですよね。
    人間ってのは環境によっていくらでも人格が変えられてしまうんだな、と思いました。

    記事を褒めて頂きありがとうございます(^^)
    2017年10月27日 21:22
  • 無味ニート

    今日、こんな素敵なニュースがありました。

    頭髪が生まれつき茶色いのに、学校から黒く染めるよう強要され精神的苦痛を受けた<中略>度重なる染色で生徒の頭皮はかぶれ、髪はぼろぼろになった。教諭から「母子家庭だから茶髪にしているのか」と中傷されたり、指導の際に過呼吸で倒れ、救急車で運ばれたりしたこともあった。文化祭や修学旅行には茶髪を理由に参加させてもらえなかった。

    <損賠訴訟>「髪染め強要で不登校」高3、大阪府を提訴
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000036-mai-soci

    この「指導」に何の意味も見出せないという点で、看守が受刑者をいたぶって喜ぶ構図との類似性を感じました。
    2017年10月27日 23:15
  • シスイ

    無味ニート様>
    なんですかこのニュースは!!最低ですね!

    高校のとき、地毛がすごく綺麗な栗色の髪の毛の友達がいたんですけど、やはり教師から「染めてるのか!」と怒られ、
    「地毛です」と言うと「地毛を証明するために小さい頃の写真を持ってこい!」と言われていました。

    その子は無事(?)地毛を認められ、その後はとやかく言われなくなりましたが…髪の色ってそんなに重要なのか?!と疑問に思いました。

    頭髪服装に関して規則がある学校の場合は、ある程度守ることは必要かもしれません。
    ものすごいパンクスタイルの赤毛や金髪モヒカンで登校してきたらそりゃ注意されてもしょうがないだろうと思います。

    でも必要以上にアレコレ言ったり、今回のニュースのように尊厳を踏みにじったり、健康に害が出てるのに染髪を強要するなんて言語道断ですね。

    まさに生徒のことを囚人だと認識しているんでしょう。
    2017年10月28日 01:16
  • yg

    校則という法律
    教師のエゴで決め満足か!
    2018年02月08日 01:28
スポンサードリンク