メキシコの小物を見ていると昔お気に入りだったブログを思い出す

メキシコのかわいいデザインたち.jpg
『メキシコのかわいいデザインたち』
やっぱりこういう系統の本が好きでよく手に取ってパラパラと読んでしまう。
この本は、こういう系統の本の中でもなかなか良い出来であるように感じた。センスがイイ。(←偉そうに…)

メキシコのかわいいデザインたちお菓子.JPG
萌える~なんで萌えるのかわからないけど、こういう写真本当に萌える~。

メキシコのかわいいデザインたち石鹸.JPG
こういう石鹸のパッケージとかも大好き。
メキシコのデザインって、どことなく「昭和レトロ」っぽい。そしてそれがたまらなくイイ。
ちょっとレトロな雰囲気がある石鹸や化粧品の箱やラベルってトキメク。

メキシコのかわいいデザインたち死者の日.JPG
死者の日のドクロ。メキシコと言えばドクロだ。

それにしても、こういう色とりどりのメキシコの小物を見ていると、昔好きだった「あらゆる変なものからの手紙」というブログを思い出す。

このブログは、特に有名というわけでもなく、本当に個人が純粋な気持ちで好きで更新しているブログだった。ブログ主の女性がつくりだす奇妙で絶妙な世界がたまらない内容で、当時私は非常に楽しみに閲覧していた。

昭和レトロだけれどちょっとくたびれた土産物・古いソフビ人形・フエラムネのおまけとパッケージ・メキシコのドクロ・自作のけしごむハンコ・オリジナルキャラクターの自作雑貨・自作の粘土細工・中国風の極彩色な雑貨・拾ってきたごみ…などを用いて独自の世界を構築していた独特のセンスが光るブログだった。

アフィるとか、自作のグッズを販売するとかではなく、本当に純粋な趣味(コレクション雑貨の紹介・自作の作品の紹介)としてやられている姿勢にとても惹かれたのだった。

でもある日閉鎖してしまった。
理由としては「何か問題が起きたとかではなく、更新が出来なくなりそうだから閉鎖します」みたいな感じのことを仰っていた。

ブログは残したままでいてほしかった……もう一度最初から読み直したい気持ちでいっぱいだよ。

たしかに、更新できなくなったサイトやブログを放置するのはあまり良くない、と言う話を聞いたことがあるけれどさ…でも、コメ欄を閉じて数ケ月に一度ログインする程度の管理をしていれば大丈夫だと思うけれど…。
まぁ、ブログ主が閉鎖したいと言うのならしょうがないけれど…ネットの世界は、紙媒体の世界と違って管理者によって削除・閉鎖されてしまうと二度と見れなくなるから悲しい。

こんな感じで閉鎖していったお気に入りブログが他にも2~3個ある。
閉鎖してはいないけれど、Twitterやインスタグラムに行ってしまった人もいる。
この現象もまた「ブログ」という形式やブログの距離感が好きな人間にとっては非常に悲しい。

はあ。私はもはや時代遅れだな。

↓よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • あい

    初めまして。あいと申します。
    私も同い年の、収入0のガチのニートです。笑

    シスイさんのブログいつも拝見させてもらっています。
    世代あるある・ニートあるあるが多く、勝手に親近感を感じさせてもらっていました('ω')

    私もTwitterやインスタグラムよりもブログが大好きで、全然更新されていない(人様の)ブログとか定期的に読み返しちゃったりしています。
    最後の更新が10年前とかざらです…その頃リアルタイムで更新を楽しみにしていたなぁと思いながら、今読み返しても自分の好みが変わっていないので楽しいんですよね(#^.^#)
    過去読んだ記事とかもブログの方が探しやすく感じるし…そもそも今の時代は読み返すことがないのでしょうか?苦笑

    たとえ更新がなくても、せめてブログは残しておいてほしい気持ち分かります!私もお気に入りのブログが消えた時はショックで力が抜けます。

    シスイさんのブログも、ずっと残ってくれたらいいな…と思いながら覗いていました。

    長々コメントすみません(>_<)これからもブログ楽しみにしています。
    2018年03月14日 14:58
  • シスイ

    あい様>
    はじめまして~コメントありがとうございます(^^)
    同い年のガチニートという同じような境遇の方に気に入って頂けてとても嬉しいです。

    ブログの距離感って良いですよね。SNSもそれはそれで良さはありますが、どうもあの雰囲気に慣れることができません。
    私も過去にお気に入りだったブログを読み直したり、眺めたりすることがたまにあります。
    自分の趣味が変わってないな~と感じることもあれば、今は全然興味が無いのに当時は興味があったものなどもあり、懐かしく感じるのがまた面白いです。

    >シスイさんのブログも、ずっと残ってくれたらいいな…と思いながら覗いていました。
    ↑このように言って頂けて嬉しいです。
    基本的にブログはいきなり削除したりせず、何も問題がなければ残しておくタイプなので大丈夫です。

    ネットの世界もここ10年くらいでだいぶ変わりましたよね…これから先はもっと変わるのかな?それとももう進化の頂点なのか…未来が気になりますね。
    2018年03月14日 19:17
  • 松浦

    シスイさんこんにちは。自分もニート(男)です。
    去年の10月~11月頃にこのブログを発見して以来読ませてもらってます。
    シスイさんの視点というか切り口がおもしろいな~と思って更新を楽しみにしています。

    実は昨日のことなのですが私の大好きなブログが更新停止宣言をしました。
    そのブログは漫画家を諦めた管理人の方が夢を追いかけていた当時の思い出や絵の上達方法などを書いているブログで、管理人さんの自分の恥ずかしいところやみっともないところも包み隠さず素直に晒しだす人柄に惹かれていました。

    なのですが、絵の上達方法の記事が検索上位に表示されるようになり閲覧者が増えるにしたがってアンチが増えるようになってしまいました。
    そのブログでは記事の中にオマケ漫画を載せていたのですが、「絵が下手」とか「その練習方法は間違っている」などというコメントやメールが急激に増えたことで嫌になってしまい更新を辞めることにしたようです。
    コメント欄やお問い合わせフォームも閉じられてしまったので連絡を取る手段がなくなってしまいました。
    そのブログは独自ドメイン、レンタルサーバーで運営されているので契約を更新しなかったら消滅してしまいます。

    実はそのブログに憧れて私もブログを始めていて、デザインなどを真似して少しでも憧れに近付こうとしていたので非常にショックです。
    昨日は何も手に付かないくらいに落ち込みました。

    初めてのコメントなのに自分のことばっかり書いちゃってすみません。(しかも愚痴みたいな感じ)
    2018年03月22日 10:35
  • シスイ

    松浦様>
    はじめまして(^-^)コメントありがとうございます。
    こんな情緒不安定なブログを褒めていただきまして大変嬉しいです。

    お気に入りのブログが急に停止すると本当にガックリきますよね。わかります。
    そのブログのことは存じ上げませんが、私もちょびっとだけではありますが絵に真剣に取り組んでいたことがあり、漫画を描いてみたこともありました。
    私はプロになれるなんてハナから思っていませんでしたが、
    本気で目指していた方がその夢を諦めて、「夢を諦めた自分」を受け入れて、自分の過去を記事にえがくことによって昇華するというのは、思っている以上に大変なことだと思います。

    それに対してアンチがグチグチと攻撃し、更新停止してしまうなんていうのは本当に悲しいことだと思います。まぁ、ジェラシーなんでしょうね。

    「これからの時代、ネットでなにかを発信する場合は、ある程度のスルースキルと図太さと煽り耐性が必要」という意見をネット記事で読んだことがあり、その通りだなと思いました。

    芸術家は繊細な人が多いですからね…図太いヤツはとことん図太いんですけどね。。

    ここ数年で本当にネットの世界も変わったと思います。
    「このブログ(または動画)のどこに文句つける余地があるんだ?」と思うような平和でのほほんとした趣味のブログなどにも汚いコメントがあったりしますし。

    昔はコメント欄を完全にオープンにしていても問題なかったけれど、最近はそうもいきませんしね。最初からコメント欄を設置しないブログが増えているのもわかる気がします。

    そのブログ、消えないと良いですね…消えたら悲しいですよね。

    私も似たようなことを体験したことあります。
    お気に入りだった小説サイトが、SNSによって晒されてしまい、閉鎖してしまったんです。
    その後しばらくしてサイトごと消滅してしまいました…。

    難しい時代です。本当に。。

    2018年03月22日 13:42