またしても世の中の変化に翻弄されるニート

以前、スーパーのセルフレジやTSUTAYAのセルフ貸し出し機に戸惑うというエピソード(?)を書いたけれど、今度はヤフオクの決済で戸惑ってしまった。

数年前、ヤフオクを良く利用していた。
落札者としてだけでなく、出品者としても頻繁に利用していた。
しかし、次第に飽きてきて、ここ2年くらいは全然使っていなかった。

そして今回、久々に利用した。
何を買ったかと言うとクソくだらない食玩である。送料合わせて500円くらいだ。
「なんでこんなくだらない物を欲しいと思うんだろう…絶対必要ないだろ…ゴミだろこれ……」と丸一日考え、悩みに悩んだ。

ニートの貴重な貯金をこんなものに使っていいのか…考え抜いた。そして「たまには“無駄”な買い物も必要だな、人生には無駄なトキメキも必要なんだ」という結論に達した。

一人の出品者から、一度に別IDのふたつの商品を落札した。
すると「まとめて取引」という案内画面が出てきた。同じ出品者から複数落札した場合「まとめて取引」というシステムが利用できる場合があるらしい。

案内画面に沿って手続きを進めると、気づいたら「ヤフーかんたん決済」しか選択肢が無い状態になっていた。
出品者の説明文には「かんたん決済orゆうちょ振込」が利用できると書いてあって、私はゆうちょ振込で対応するつもりだったのだ。

出品者に聞いてみると「どうやら2018年の3月から、かんたん決済以外の支払い方法はできなくなったようです」とのこと……。

まぁ、考えてみればゆうちょ振込にこだわる必要はないので別にいいんだけれど、クレジットカード情報をネットのあちらこちらに登録したくない性分なので、なんだか気が滅入った。
コンビニ支払いはできないのかな?と思い、調べてみると「かんたん決済はコンビニでもできる」とヤフオクの説明文に書いてある。しかも手数料ゼロらしい。

手数料ゼロってすごいじゃん!

そして私は結果としてコンビニ支払いを選択し、発行されたコードをファミマポートに入力してレシートを発行し、無事ファミマで現金支払いをしてきた。
本当に手数料ゼロだった。

立派(?)な領収書まで発行された。こういう「証明書」的なものがあるとやはり安心する。やはり自分は「紙の時代の人間」だなぁと自覚する。。

それにしても……こういうネットワークを駆使した決済って本当にスゴいなとしみじみと感じる。


かんたん決済のコードが発行される

ご丁寧にそのコードがメールで届く

ファミマポートでコードを入力するとネットワークに繋がれて自分の取引が表示される(←この時にコンビニ決済代行業者?か何かを経由する)

レシートが出てくる

レジで支払う(←今度は収納代行業者?を経由する)

すぐにヤフオクからメールが届き「かんたん決済支払手続き完了しました、出品者にも同時に支払手続き完了のメールを送っています」とのこと


↑こういうのさ、地味に驚くんだよね…ネットワークすげぇなと思う。
世界中で使えるクレジットカード決済もそれはそれでスゴいんだけれど、それとはまた違ったスゴさ(?)を感じる。

それにしても…数年使わなかっただけでどんどんやり方が変わったり、手続き画面のレイアウトが変わったり、ルールが変わったりする…。
まさかこんなことで世の中の流れの速さを感じるハメになるとは思わなかった。

そのうち電子マネーでしか支払いできませんとか言われる世の中になりそうだな…。

なんか気づいたらもう4月だし。桜も咲くはずだわ。

さくら2018.JPG

さくら2018-2.JPG

近所の桜……きれいでした。

↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

スポンサードリンク