狂ったように昭和レトロな本を借りまくる

昭和レトロ系の本6冊-1.JPG
昭和が恋しくて、図書館で「昭和レトロ」で検索して引っ掛かった本の中から興味が持てたものを片っ端から借りてみた。

こういうのは何も考えずボーッと読めるから良いわ。

私は昭和末期生まれなので、物心ついたころには平成だった。なので、リアルに昭和の時代を体感したわけではないのだけれど、なぜか「昭和レトロ」なものに惹かれる。

昭和を引きずったままの光景が日常風景なかにあったからだろうな…と思う。
90年代くらいまでは、昭和的なものがわりと町中に溢れていたような気がする。

少年少女レトロ玩具箱2.JPG
この6冊の本のなかで個人的にツボったのは『少年少女レトロ玩具箱』という本。
この本の何とも言えない写真が非常に好きだ。

少年少女レトロ玩具箱1.JPG
この「田舎の古い民家の引き出しを開けたら偶然昔の小物が詰まっていたよ」感がたまらない!
この作者の方はツボをよくわかってるわ~そうそうこの感じが良いのよね~。

少年少女レトロ玩具箱3.JPG
母の実家はまさにこんな感じで、何十年も昔の物がそのまま引き出しに入りっぱなしになっていたりした。

私は子供の頃からその雰囲気が好きで、よく勝手に引き出しや棚を開けてガサゴソ漁っていた。(←迷惑な子供だよな)
まるで宝探しをしているような気持ちと、不思議な懐かしさや未知のものへの好奇心が刺激された。

4人居る祖父母のなかで、母方の祖母が一番好きだった。
子供の頃、田舎に遊びに帰ると、祖母は近所の個人商店(←これまたレトロなお店)で、大蔵トーイのビーズやチェーンリングやおはじきを買ってくれた。

この商店はもう営業していない。
祖母も数年前に亡くなった。

こうやってどんどん無くなっていくんだな~…と思うと切ない。だから今、無性に「昭和レトロ」が恋しいのかもしれない。

自分もいずれ居なくなるし。

ああにんげんってなんなんだろう。

↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • マリリン

    こんにちは(^^)一番上の写真のレトロ玩具箱、昔実家にあった大工道具箱に雰囲気が似ています。金槌や釘とかペンチが入っていましたが今回レトロ箱の分度器にふと目がとまりました。久しぶりに見た感じです。存在さえも忘れていました(>_<)普段定規は使うけど分度器ってあまり使う事ないですよね。ありますか?図形とか書く時に使うのかな。物置に行くとあるかも知れないですね。母方のお祖母ちゃん、私も好きでしたね。家の近所の市場?で駄菓子やおもちゃを買って貰ったり、鏡台の引き出しの中を見るのも好きでした。シスイさんが物心つく頃には既に平成だったんですね-(*^^*)考えてみたら今の20代は全員平成生まれな訳で来年の4月で平成も終わりでしたっけ。何だか寂しいですね。どんどん昭和が遠くなる~(>_<) 新しい年号は今年中には決まるのかな?
    2018年05月29日 13:10
  • シスイ

    マリリン様>
    分度器なんて、日常生活ではまず使いませんね。
    設計や図形や絵を描くときに使う人もいるかもしれませんが、最近はどんどんデジタル化してますし…。

    鏡台の引き出しの中ってロマンがありましたよね~!私もときめいた記憶があります。

    平成生まれが三十路になる時代ですから…もう昭和なんてはるか昔の時代になってしまいますね。。
    元号、どうなるんでしょうね~今年末には決まるのでしょうか?
    早く決まらないと手帳業界やあらゆるシステムのあれこれでエンジニアが大変な目に遭いますよね…。
    2018年05月29日 17:48
  • こうじかび

    はじめまして
    私はシスイ様といろいろ違うのですが(男、会社員、いいおっさんetc)考えていることは近くて、共感を覚えました。私の場合、昭和期に人格を形成され、昭和レトロに強いノスタルジーを持っています。切ない、無常観…同感ですね。あとブログのタイトル(最期は華々しく…)がいいですね。時々、お邪魔させていただきます。
    2018年05月31日 17:23
  • シスイ

    こうじかび様>
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    >昭和レトロに強いノスタルジー
    わかります。このノスタルジーは一体何なんでしょうね。
    昭和期に人格形成された人ならもちろん郷愁みたいなものを感じるのは当然かと思いますが、昭和の独特な雰囲気にはそれだけでない「何か」がありますよね。

    昭和期とひとことで言っても昭和は長いですから、時代によって違いはありますが…どの時代にも妙な魅力があります。

    ブログタイトルを褒めて頂き嬉しいです。ありがとうございますm(__)m
    2018年05月31日 19:41