迷える処女にはセルフロストバージンをおすすめしたい

ブックオフをウロウロしていたら『アラサーちゃん』という漫画が目に留まった。
この作品は正直あまり好きじゃないのだけれど、なぜか気になり手に取って開いてみると、偶然にも高齢処女が登場するページだった。

これは運命か…と思って少し立ち読みしたらこんな4コマがあった。

高齢処女「処女喪失怖い…痛いんでしょ?血が出るんでしょ?」

アラサーちゃん「そこまで痛くないよ…彼氏の手マンが痛いけど“痛い”って言ったら嫌われるかなと思って耐えてる時の方がよっぽど痛いよ」

高齢処女「処女のままでもつらい…処女じゃなくなってもつらい…女の幸せは何処?!(ガーン」


……というような内容だった。
なんかさ、色々なことを考えさせられるよなぁと。
たかが漫画のヒトコマだけどさぁ。

実際「アダルトビデオを鵜呑みにした彼氏の手マンが強すぎて出血して爛れて産婦人科に通院するハメになった女性」の話を聞いたことがあるもん。

なんか…なんなんだろうと。

コミュニケーションしようよ…手マンの強弱を指摘したら自分のこと嫌いになる彼氏なんて別れろよ…。
…と思うけれど、結局「惚れたもん負け」なんでしょうね。惚れてるから言えないと。

私は『夜這いの民俗学』を何度か引き合いに出していますが…さすがに夜這い文化は現代人の感覚からすると異常だし過激すぎるので問題ですが、
著者の赤松氏が言っている「もっと現実的で実践的な性教育をやるべきだ」という意見には耳を傾ける価値はあると思うんですよ。

女に対しても男に対しても実践的で、明るく健全な正しいセックスの仕方を教えるべきなのでは…。

あと、迷える処女(特に高齢)にはセルフロストバージンをマジでオススメします。大真面目な話です。
自分で処女喪失するのはアリだと私は思います。

根っから興味が無いのならする必要は全く無いけれど、迷っているなら自分でやってもいいと思いますよ。本当に。

慣れてない男や処女の取り扱いをわかってない男にガチャガチャやられるくらいなら、自分でやった方が痛くないしスムーズにできます。
その後、セックスする機会が巡ってきたときも、すんなり受け入れることができるだろうし、機会がなかったとしても、オーガズムを経験することによって自信に繋がるのではないのかなと思いますよ。

やり方としては…一度に最後までやろうとせず、数日間かけて、指入れをしたりマッサージするなどして徐々に慣らしてゆき、最終的に大人のおもちゃを挿入して完了です。(私はプラスチックの容器でしたが……)

最近では、テンガの会社が女性向けの製品を作っているし、その他でもあまりグロテスクでないディルドもあるので、日本人男性の平均サイズくらいの直径のものを選んで使用すると良いと思います。

うまくいかない場合は、良質なローションやジェルやワセリンを使用して、リラックスできる音楽(orいやらしい気持ちになれる音楽)でも流しながらやると良いのでは。
ルームフレグランスでも焚いて、照明を落として「神聖な儀式」としてやってみてはいかがでしょうか。

ちゃんとやればたいして痛くないですよ。もちろん個人差があるのでかなり痛む人もいると思いますが、生理痛に耐えながら日常生活を送る根性と精神力があるなら全然大丈夫。痛みの性質はちょっと違うけど。

また、処女膜と言っても人それぞれですので、かなりしっかりした膜の人は、なかなかうまくいかない場合があるようで…それはもう産婦人科(女医)にでも相談して、膜を切除してもらうしかないのかもしれません。

はっきり言ってこれは大真面目な話ですよ。マジのガチの大真面目な話です。

「自分でやるなんてみじめ!イヤよそんなの!惚れた男(or手ごろな男)にしてもらいたい!」と思う人はやる必要ないですけど、惚れた男にも手ごろな男にも出会わないまま20歳…25歳…30歳…35歳……ってなったら自分でやるのもひとつの安全な選択肢としてアリだと思います。

そもそも性的なことに一ミリも興味ないとか、処女膜を絶対に大切にしたいとか、将来どこぞの王室にでも嫁ぐとか、処女膜がなんとしても大切なアイデンティティーなのだ!…という人はそのままで全然良いですけど。

ネット上をさまよっていたらセルフロストバージンした人の体験談がありました。

その人はモテモテで彼氏も普通にいっぱい居たけれど、なんやかんやで本番行為をしないまま26歳になってしまい、その時付き合ってた彼氏にも打ち明けられず(彼氏は当然彼女のことを非処女だと思っている)、悩み抜いた末自分で処女喪失したそうです。

その人も「風俗で童貞捨てられる男性とは切実さが違うんです」みたいなことを仰っておられた。

なんで処女喪失について、もっとたくさんの情報と正しい知識と正しい取り扱いと思いやりが教えられてないのでしょうか。

「女性側が処女であることを打ち明け、彼氏がイヤらしくなく自然に受け止めてくれて、自分たちで能動的に事前に処女喪失についてネットなどで調べて、相思相愛で優しく処女喪失する」というのが理想ですが、皆が皆そんなことをできる機会に恵まれるわけありません。

自分で処女喪失する、というのもひとつの安全な手段だということを考えてみてもらいたいです。
変な話、自らの手であっても処女喪失すると少し自信が持てるようになります。

私は実際、高齢処女でキスもしたことないですが、19歳頃にセルフロストバージンし、その後マスターベーションをしてオーガズムを知ったことなどによって自信に繋がりました。

ちなみに私は、数年前に「性器に手を触れずに呼吸法とインナーマッスルのうごめき(?)とイメージだけでオーガズムに到達するエナジーオーガズム」というものも軽くマスターしました。これはすごくエネルギーを使うのであまりおススメはしません。

なんかもうタントラの先生にでもなれるんじゃないかな私。

カジュラーホーの寺院の性交の石像.jpg
タントラってのは古代インドのヒンドゥー教のなんやかんやのサンスクリットのシヴァ神と女神や天女のなんやかんや……。
すみません私もよくわかりませんが、Wikipediaによると「インドに800年前後から伝わるヒンドゥー教シャクティ派の聖典でシバ神妃の性力 を崇拝する。64種あるいは192種あるとされる。さらには実践行法に関する規則、神を祀る次第や具体的方法も含む。」ということでした。

エナジーオーガズムとタントラの関係はよくわかりませんが、私がエナジーオーガズムを実行するにあたって参考にしたサイトにはタントラのことについて書かれていたので…参考までに。。

まぁこんな風に、自分で処女喪失することによって色々と広がる世界もあるってことです。最後は完全に脱線&蛇足ですな。ごめんなさい。

※注意※この記事を読んで実際にセルフロストバージンしてトラブルになっても、私は一切責任とれませんので自己責任でお願いします。

↓よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • かえさ

    女性で処女喪失できない苦痛は男性よりすごいでしょうね。女性用風俗って無いですもんね、、。
    ちなみに、例え高齢処女でも、誰かの初めてになってみたい男性は大勢いると思いますね。僕もその一人ですが笑
    いわゆる処女厨ですw
    率直にいって、処女の女性に童貞を捧げて二人で初々しいHをすることにあこがれます。そうでなければ、アラサーかアラフォーのお姉さんに優しく教えてもらいたいですね。
    2018年06月01日 23:33
  • シスイ

    かえさ様>
    苦痛というより、まぁコンプレックスですね。
    ただ、全く気にならない人もいるとは思います。性的なことに一ミリも興味のない女性や嫌悪している女性もいますからね。

    ちなみに女性向け風俗は一応あります。
    あるにはありますが、ハードルが高いのと安全性など様々な面においてまだ発展途上です。

    処女厨というのも、いきすぎるといかがなものかと思います。
    処女厨をこじらせすぎると処女にも嫌われてしまうのでほどほどにしたほうが良いと思います。

    初めて同士でアタフタしながらも心温まるセクロスができれば、とても良いことだと思いますが、
    現実的には、やはり男も女も初めては馴れてる人に手解きしてもらうのが良いのかもしれません。
    2018年06月02日 00:49
  • りょう


    お久しぶりです( ´﹀` )
    コメントは久しぶりですが、記事はちょくちょく読んでますよ!

    メンタルが不安定になった時は、よくここに来てます。シスイさんの記事を読んで勝手に共感して、勝手に
    力を貰ってます笑笑

    今回の記事は男の自分には、本当の本当には理解できないかもしれないですが。でも、大切な人がそういう境遇に居るなら、無理に体を求めず、悩みを打ち明けてもらえたなら、ゆっくり優しくふたりで進んでいくことが男性側に出来る唯一の事だなぁーと思いました( ¨̮ )
    2018年06月02日 22:27
  • シスイ

    りょう様>
    おひさしぶりですm(__)m

    メンタルが不安定なときに、こんな情緒不安定な変なブログを読んで大丈夫でしょうか…よけい不安定にならなければ良いのですが…笑。

    相思相愛で男性側に余裕と優しさと思いやりがあれば、問題ない話ですが、なかなか現実はそうはいきませんからね。

    なかなか世の中ってやつは上手いこといかないですよ(´д`|||)
    2018年06月03日 00:37
スポンサードリンク