世田谷八幡宮にも行った

世田谷八幡宮.JPG
豪徳寺の近くには世田谷八幡宮という神社があります。
せっかくなのでここも見てきたわよ。

世田谷八幡宮7.JPG
なかなか広い立派な神社。

世田谷八幡宮2.JPG
なんだかコロシアムのような空間があります。
調べてみると土俵でした。相撲とゆかりのある神社のようで…。
木漏れ日が綺麗です。

世田谷八幡宮3.JPG

世田谷八幡宮4.JPG

世田谷八幡宮6.JPG

世田谷八幡宮5.JPG
厳島神社の末社?のようで、なんだかそんな雰囲気の池がありました。
キレイ。

いちおうお賽銭入れて祈ってきました。
なにを祈願したかというと…

「自分にとっての幸せがなんなのかわかりますように」

ってねっ…。へへっ……。
「早く安らかに死ねますように」とか「早く人類滅亡しますように」とかでも良かったんですけど、なんとなく上記内容で祈願してきました。

カッコつけててキモいですけど、切実に自分が何をどうしたいのかずっと迷い続けた人生ですので。
誰だってそうだろうとは思いますけど。

長いこと「個性的だね(←変人ってことだけど)」とか「流行に流されないで確固たる自分を持ってる雰囲気があるね」みたいなことを友人知人に言われてきました。
自分でも自分のことを「自分はそうなんだ」と認識し、そう思い続けて来ましたが、結局は環境によって性格や振る舞いが変わったり、周囲の目を気にしたり、皆が持ってるものを欲しくなったり…「確固たる自分」が年々弱まってきてしまっていました。

若い頃の方が自己肯定感が今よりあったような気さえします。
年齢と共に、色々なことを学ぶと、己というものがいかに脆いモノかよくわかります。
けっきょく、「自己」なんてものは存在しているようで、存在していないんですね。

なーんてね。

↓よろしければクリックお願いします
にほんブログ村 その他日記ブログ 元ニートへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

  • キュー

    前の分にコメントしてたら3連発。ご苦労さまです。

    思索も冴えてらっしゃるし、充実の世田谷紀行だったようですね。

    シスイさんのブログはある種の緊張感があるのですが、ネコちゃんの写真がくると和みます。
    2018年10月10日 21:23
  • マリリン

    こんにちは。お仕事を始められてもう早、2カ月ですか。
    早いですね。人間関係も良好という事で何よりです。

    なんていって今年も3カ月切ったんですね。1週間も早いけど1カ月もあっと言う間に過ぎていく!本当に年々早くなっていきます。
    人間年を重ねてくるとどうしてもその時の環境や人間関係で価値観って変わっていくと思います。
    だんだん体力も落ちてくるし、老後も迫ってくるしね(*^^*)

    すっかり寒くなってきました。体調管理にはくれぐれも注意してお仕事頑張って下さい(^^)
    2018年10月11日 10:29
  • シスイ

    キュー様>
    途中から晴れてきて、なかなか木漏れ日が心地よかったです。
    久々に野良猫にも遭遇できました。

    やはり動物はホッコリしますね。
    2018年10月11日 12:51
  • シスイ

    マリリン様>
    本当に早いですよね!
    今年もあと3か月切ったなんて…速すぎて速すぎて…信じられません。

    人間って、結局その時の環境で価値観や振るまいが変わりますよね。
    「○○という生き方」をさんざん否定していたヤツが、10年後くらいにその生き方に染まってたり…なんてことも多々あります。

    東京はなんだかまだ暑さが残ってます。涼しいのか暑いのかよくわからない気候です……(´д`|||)
    2018年10月11日 12:55
  • ムー

    豪徳寺の招き猫いいですね。招き猫と言えば、今戸神社もありますね。出不精な私はまだどちらも行ったことありませんが、神社仏閣を回るのが好きですし、何より猫が大好きで、過去に飼っていたこともあり、地球上に存在する生き物の中で一番かわいいと思ってるくらい愛おしい。

    「自分にとっての幸せが…」は、決定的な不幸というものを知らない(目の当たりにしていない)から幸せが何なのかもわからないっていう、極めて幸せな状態かもしれませんよ(笑)
    性格なんて一緒にいる人や環境で案外コロッと変わるもので、実は一貫性なんてないと思います。目の前のものにピントが合っていく。流動的。
    むしろ「自分はこうだから」なんて決めてかかってしまう方が、自分自身を縛って苦しめることになると思います。たかが30年あまりで性格なんか定まらないし、自分なんてものは発見し切れないと思います。よく言う、人との出会いの数だけ自分との出会いがあるって、そういうことじゃないですかね。
    過去の自分と辻褄を合わせようとしなくてもいい。
    変わっていく自分も含めて「なんか自分ってこんなんなんだな」って、それをジャッジすることなく、そのままをただ受容することが自己肯定ってことな気がします。
    自分を追い込まず、素直にいていいんですよ。

    皆が持ってるもので、シスイさんが欲しくなってきたものとは例えば何ですか?

    出会いを大切に。
    2018年10月11日 19:35
  • シスイ

    ムー様>
    今戸神社も有名ですね~本当に猫って可愛いしカッコいいです。
    私も猫を飼いたいなと思ったことがありますが、ハムスター1匹のお世話をするだけで疲弊し、てんてこ舞いだったことを思うと、猫を飼うのは難しそうです。。

    >決定的な不幸というものを知らない
    ↑これは本当にその通りなんですよね。
    「私は不幸ぶってるけど、全然不幸じゃないな、なにやってんだろ」って…10代の頃から気づいてました。
    色々あるにせよ私には「傷らしい傷なんてない」んですよね。
    だから私の人生や現状はひっじょ~~に幸せなんだと思います。

    人の性格や人生はとても流動的ですね。今それを改めて感じています。川の流れのように……って感じです。

    「皆が持っているものが欲しくなる」とは、まぁ比喩的な表現です。
    たとえば高齢処女だのなんだの言ってたのも、結局は「皆が知ってることを自分は知らない」というコンプレックスですからね。

    もし、世の中の皆が皆幸せなパートナーを持っていたら、私も欲しくなるだろうと思いますし。

    あと、これは非常に単純な話ですが、レジ打っていると、お客さんに人気の商品が頻繁に売れて行く光景を目にします。
    自分にとってあまり興味のないものでも「こんなに皆買ってゆくなんて…そんなに良い品なのかしら…(ソワソワ」みたいな感じで、気になっちゃって思わず買ってみたり(笑)

    人は周囲から非常に影響を受けやすい生き物ですね。

    ただ、変わらない部分ってのもあります。
    できないもんはいくつになってもできなかったり…変われない部分ってのも確実に存在するんですよね。

    人はそう簡単には変われないけど、でも非常に流動的な部分もある……不思議。
    2018年10月11日 23:10
  • ムー

    いつも長ったらしいコメントを読んで、丁寧に返して下さり有難うございます。

    みんなが知らないことを知らないなど「みんな~なのに、自分は違う」は、確かにコンプレックスになりがち、孤独に堕ちがちですよね。逆に自分と同じ様な人を見つけると「私だけじゃない」って妙にホッとしたり。
    すごくちっぽけなことなのに、「それが自分なんだ。しゃーない」って開き直ったり、折り合いをつけるのに時間がかかったりして。
    変わった人ぶって武装して、ほんとは至極単細胞なくせして、それを認められないと言いますか…。変わってる部分があるのも事実ではあるけど。あー恥ずかしい恥ずかしい。人間って面倒臭い。まぁ、面倒臭くしてるのは他でもない自分だったりするんですけどね(笑)
    2018年10月12日 13:44
  • ムー

    訂正
    「みんなが知らないことを知らない」→「みんなが知っていることを知らない」です。

    失礼致しましたm(_ _)m
    2018年10月12日 23:30
  • シスイ

    ムー様>
    自分と同じような人を発見すると本当にホッとしますよね。
    ネットが普及して「あ…こういうこと考えてるの自分だけじゃないんだ」「あ…こんなにマイナーな映画を好きなの私だけじゃないんだ」といったように、仲間をみつけられたのは本当に嬉しかったですね。

    私も変わった人ぶってますが、実際は平々凡々の単純な人間なのかもしれません。
    ただ、実際やっぱり変わり者であることも確かなんですよね…苦笑。

    本当に人間ってめんどくさいですね。
    本当はもっとシンプルなはずなのに(>_<)
    2018年10月13日 20:39