「縮小ニッポンの衝撃」にマジで衝撃

先日、たまたま夜中にテレビを付けたら、2016年に放送されたNHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」という番組について、NHK自身が番組内で改めて取り上げて紹介していた。 気になったのでネットで色々調べて内容を確認したけれど…こりゃたしかに衝撃だわ。 いや、わかっていたことだけど…わかっていたことだけどさ。 しかもこれは、地方だけでなく東京も関係してくるし、私自身、そして私の親戚縁者…

続きを読む

中華料理店と青い部屋に行き最後はグロテスクな展開の夢

精神薬を飲んでいたときに見た夢をご紹介。(すべての薬の断薬に成功したので現在は何も飲んでいない。) 当時飼っていたハムスターをうっかり殺してしまう。私はひどく落ち込みながら街をさまよう。 すると、赤い建物の高そうな中華料理店がある。私はその店に入る。 「高そうだなぁ」と思い、メニューを見るとそうでもなかった。一番高いコースで5000円くらいだった。 隣に座っていたかっぷくの良いオッサンが奢っ…

続きを読む

迷える処女にはセルフロストバージンをおすすめしたい

ブックオフをウロウロしていたら『アラサーちゃん』という漫画が目に留まった。 この作品は正直あまり好きじゃないのだけれど、なぜか気になり手に取って開いてみると、偶然にも高齢処女が登場するページだった。 これは運命か…と思って少し立ち読みしたらこんな4コマがあった。 ↓ 高齢処女「処女喪失怖い…痛いんでしょ?血が出るんでしょ?」 アラサーちゃん「そこまで痛くないよ…彼氏の手マンが痛…

続きを読む

雪見だいふくの前身「わたぼうし」

先日の昭和レトロ本の中でなかなか面白かったのは『日本懐かしアイス大全』かな。 昔懐かしのアイスが色々掲載されていて楽しかった。 でも私は小学生時代の6年間をまるまる東南アジアで暮らした身なので、日本のアイスより現地のアイスの方に愛着があるんだよね…もうほとんど忘れたけど、日本のものよりもドギツイ色彩の三色アイスキャンディーとかをよく食べていた。 「まるまる暮らした」とは言え、夏や…

続きを読む

狂ったように昭和レトロな本を借りまくる

昭和が恋しくて、図書館で「昭和レトロ」で検索して引っ掛かった本の中から興味が持てたものを片っ端から借りてみた。 こういうのは何も考えずボーッと読めるから良いわ。 私は昭和59年(1984年)生まれなので、物心ついたころには平成だった。なので、リアルに昭和の時代を体感したわけではないのだけれど、なぜか「昭和レトロ」なものに惹かれる。 昭和を引きずったままの光景が日常風景なかにあったからだ…

続きを読む

スポンサードリンク